毎週風俗と一緒

首都圏の風俗はレベルが高い

私は首都圏に住んでいる普通のサラリーマン。前の日深夜に気になる新人デリヘル嬢の予約をホームページの予約フォームからしておきました。まあ、遅かったし駄目もとだったんですけど、朝10時頃にお店からの確認連絡がきて、予約は一応確定です。もちろん最終確認はしなくてはいけないんですけど、恐らく大丈夫でしょう。最近のデリヘルは結局女の子と会うまでに3回くらいは電話のやりとりが必要なんですよね。まあそのくらい連絡を頻繁にして所在というか本人確認をしっかり取るという目的もあるんだと思います。待ち合わせよりも少し早く着てしまい、ベンチに座ってどんな女の子か妄想していると予定よりも10分遅れでデリヘル嬢から連絡が入り、場所と服装を伝え待つこと1分で女の子とご対面です。2人で恋人同士のように寄り添いながらホテルに入りました。部屋に入りいつも通り、お店に連絡&支払い,まだ慣れてないらしく、アタフタしながら、お風呂などのセッティングもしてましたよ。湯船が溜まるまで、タバコを吸いながら雑談をし、2人でお風呂へ。全身とチンコをを親切丁寧に洗ってもらいました。その後、2人で湯船につかりながら雑談をし、女の子に体を拭いてもらい、最後に歯磨きとイソジンで準備完了です。。

首都圏のデリヘルでまさかの妹と…

自分は結婚していますが、嫁に隠れて風俗やデリヘルを利用しています。浮気をするくらいならいいかな…って言い訳もありますが、やっぱり嫁とのエッチはどうしても義務的になってしまうので、そういったお店を利用することにしたのです。まさか、利用したデリヘルで嫁の妹に会ってしまうなんて思いませんでした。義理の妹は北関東の人間なので首都圏内で会うという事自体驚きましたが、まさかこんな所で会うなんて…。ドアを開けてお互いに固まってしまう自分達…。チェンジしようとも思ったのですが、お店にはチェンジルールがありません。仕方が無く、義理の妹を部屋に招き入れました。デリヘルで義理の妹に会ったからといって、手を出す気はありませんでした。しかし、彼女はお店で働いていることを黙ってもらうために、服を脱ぎだしたのです。慌てて服を着せようとしましたが、彼女の裸を見てしまい、興奮している自分がいました。こうなるともう我慢なんてできません。お店のルールにのっとたプレイのみでしたが、義理の妹とエッチなことをしちゃいました。最後は彼女の手のサービスでフィニッシュを迎えてしまいました。義理の妹は首都圏に引っ越してきたんだとかで会って以降、何度かお世話になっています。

首都圏のオナクラの魅力

首都圏でよく行く風俗って言ったらオナクラですかね。前は結構いろんな風俗に行ってたんですけど、オナクラの魅力を知ってからはもっぱらオナクラのお世話にばかりなっています。オナクラの楽しい点としては、自分次第というか、自分の妄想をどうやって形にするのかって点にあるというか。正直、風俗の中でもかなり特殊なジャンルだと思うんですけど、それがまた楽しいんですよ(笑)普通とは違った雰囲気を楽しめるのってやっぱりそれなりに自分自身にも才能というか、まぁいろんな事が必要だと思うんですよ。それこそ女の子からドン引きされるような視線をもらう事になりますけど、自分としてはそれがいいんです。この前は奈津美という女の子が見てくれていたんですけど、言葉使いがかなり良かったです。「さっさと出せよ」とか「早くその汚いものから出せ」とか、結構口汚く罵ってくれたんですけど、それがまたこちらを余計興奮させてくれたので、思い切り発射させてもらいました。首都圏に出張や旅行に遊びに来る際にはぜひオナクラ利用してみてください。もちろん、首都圏に住んでいる人にもオススメです。
イチオシ首都圏の風俗情報サイト